ヒゲ脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20130722 パムッカレでデータをまとめ、次の目的地を調査

2013年7月22日(月)

1リラ=52円

パムッカレ周辺情報をページ下部に記載

 

ネット回線の速いパムッカレの宿でここ数日のデータをまとめ、エーゲ海沿岸の地域を調査する。

 

どこに行こうか。

エーゲ海沿岸はどこも美しく迷ってしまう。と悩みながら、サントリーニ島へ行くことに決める。

 

ギリシャのサントリーニ島へ行くことに決めたので、ルートを探る。ネットの情報と「PAMUKKALE BUS」のカウンターで様々な情報を聞いた。このバス会社は、フェリーチケットも取り扱っており、船の料金・時間に詳しかった。

①パムカッレ→ボドルム(BODRUM)→ギリシャ領:コス島→サントリーニ島

バス代:パムッカレ→ボドルム33リラ(1650円くらい)

船代:ボドルム→コス島25ユーロ、コス島→サントリーニ島34.5ユーロ

合計:9,385円

②パムカッレ→マルマリス(MARMARIS)→ギリシャ領:ロドス島→サントリーニ島

バス代:パムッカレ→マルマリス30リラ(1500円くらい)

船代:マルマリス→ロドス島55ユーロ、ロドス島→サントリーニ島36.5ユーロ

合計:13,395円

 

 ①のルートで決定し、バスをまずは予約する。

ルートの時間を調べると、パムッカレを23日朝8時半に出発し、ボドルムに23日午後13時に着く。ボドルムからコス島の船は、午前9時半出発で午前10時半着しかないのでボドルムで一泊し24日朝に出発する。
24日午前10時半にコス島に着き、24日19:45の船に乗り、25日午前1時にサントリーニ島に着く。
コス島からサントリーニ島の船は、月・水・金の19:45発、翌1:10着の船しかないので注意が必要だ。

 

ボドルムとサントリーニ島の宿を探すが、3000円以上を覚悟しなければならない。ハイシーズンということもあり、物価が跳ね上がっている。

 

宿に思い悩み、それを止めて、昼食に立つ。

KAYASというレストランに向かう。トリップアドバイザーでパムッカレ地区1位のレストランだ。ビーフソテー15リラを頼む。一口食べて、うん、ラム子の食堂の方が口に合う。美味しいが、トルコならどこでも食べられる味だと思う。ラム子の食堂も、日本ならどこでも食べられる味だけれども。

f:id:hourou_world:20130722205005j:plain

↑レストランのカウンター。

f:id:hourou_world:20130722210254j:plain

↑ビーフソテー。ご飯とパンがついてくる。ご飯はいらなかった。

f:id:hourou_world:20130722205025j:plain

↑昼を過ぎていたので、レストランは閑散。

 

用事のない人には意味不明のバスの時刻表。2013年7月時点でのパムッカレから各所への時刻表。ほどほどの価格とサービスの2社「METRO」「PAMUKKALE」の時刻表を写真にて掲載しておく。「PAMUKKALE」社の方が料金が少し高いが、サービスが充実し丁寧であることで評判。

f:id:hourou_world:20130722212941j:plain

f:id:hourou_world:20130722212334j:plain

 

宿に帰り、サントリーニ島の宿の予約を諦めて、寝る。

起きて、本能的にラム子の食堂に向かう。抗えない本能が、日本食を口に運ばせる。最後は、野菜炒め12リラを食べることにした。注文時に、唐辛子入りか否かを選べるが、「入り」の方が美味しい。

f:id:hourou_world:20130723025904j:plain

↑野菜炒め。いろいろ入って、栄養満点。

 

パムッカレ周辺情報 2013年7月時点


より大きな地図で トルコ:パムッカレ周辺情報 2013年7月時点 ‎ を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。