読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髭脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20130903 【写真大量のため注意】ロンドンを1日で周りきる

2013年9月3日(水)

1ポンド154円
ロンドンの周辺地図はページ下部に記載
 
朝8時に起きて朝ごはん。なかなか充実のメニューだった。
 
ロンドンは曇りで気温はかなり低く、寒い。風邪のこともあり、なかなか外出に迷う。
曇り空はロンドンの風景と合う。
f:id:hourou_world:20130903171558j:plain
↑宿の窓から。
 
10時50分に宿を出て、地下鉄Hammersmith駅に行き、一日券7.3ポンドを購入する。

f:id:hourou_world:20130903121706j:plain

↑ロンドン地下鉄の車内は小さい。大江戸線のよう。

f:id:hourou_world:20130903122400j:plain

↑地下鉄から地上へ。

f:id:hourou_world:20130903122458j:plain

↑駅の構内。

 
Green Park駅で降りて、11時30分にバッキンガム宮殿の兵士交代をみる。音楽隊がいて、華やかな雰囲気。平日なのに観光客がたくさんいる。

f:id:hourou_world:20130903122819j:plain

↑グリーンパークはとても大きい。晴れていたら日光浴をする。

f:id:hourou_world:20130903123849j:plain

↑兵士の皆さん。

f:id:hourou_world:20130903124045j:plain

↑兵士のみなさんが外に出て行く。

f:id:hourou_world:20130903124600j:plain

↑公園が大きすぎて奥が霞む。

f:id:hourou_world:20130903124800j:plain

↑バッキンガム宮殿の金色の像。

 
見終わったあと、歩いてビッグベンを目指す。途中で湖のある大きな公園を横切るが、野鳥がたくさんいた。

f:id:hourou_world:20130903125641j:plain

↑横切った公園。

f:id:hourou_world:20130903125704j:plain

↑野鳥が普通に歩いている。

 
20分ほどかかって、到着。
目の前にあったテスコで、パンとジュースを買う2.9ポンド。

f:id:hourou_world:20130903131053j:plain

↑ビッグベンが左側。

f:id:hourou_world:20130903131234j:plain

↑TESCOで食料を調達。

f:id:hourou_world:20130903131305j:plain

↑サンドイッチ4ポンド(600円)。高すぎて手が出ない。

f:id:hourou_world:20130903131515j:plain

↑焼き立てパンは安い1ポンド以下。

f:id:hourou_world:20130903131745j:plain

↑モンスターで元気を出す。

 
ビッグベンとロンドンアイ(観覧車)をしばらく見る。

f:id:hourou_world:20130903132658j:plain

↑ビッグベンは迫力がある。

f:id:hourou_world:20130903133107j:plain

↑ロンドンアイ。

f:id:hourou_world:20130903133352j:plain

↑ビッグベンのよく見る角度で撮影。

 
橋を渡り、ウォータールー駅からロンドンブリッジ駅にいく。ロンドンブリッジが吊り橋だと思っていたが違うようで、吊り橋はタワーブリッジという。

f:id:hourou_world:20130903135103j:plain

↑ウォータールー駅の内部。

f:id:hourou_world:20130903135110j:plain

↑改札は広告でカラフル。

f:id:hourou_world:20130903140722j:plain

↑ロンドン橋から見るタワー・ブリッジ。

f:id:hourou_world:20130903140806j:plain

↑ロンドン橋を渡る。そういう童謡があったのを思い出しながら。

 
モニュメント駅から、ピカデリーサーカス駅に行き、ナショナルギャラリーに向かう。ここは無料の美術館だ。

f:id:hourou_world:20130903143523j:plain

↑ピカデリー・サーカス駅を出たところにある人形。

f:id:hourou_world:20130903143723j:plain

↑ピカデリー・サーカスにある像。待合のメッカ。

 
ナショナルギャラリーには13時半に到着し、14時21分に見終わった。
ゴッホ、モネ、日本でもみたことがある点描の絵をみる。
一部屋40秒づつみて、気になる絵だけをよくみた。質量ともにプラド美術館よりいい。真面目なちゃんとした絵画が多かった。写真撮影できないので写真は、建物のみとなる。正面玄関で大道芸人がいろいろ演っていた。

f:id:hourou_world:20130903144643j:plain

↑蒼い鶏は驚かされた。周囲は人の像ばかりだったため。

f:id:hourou_world:20130903144736j:plain

↑ナショナルギャラリーの正面。

 
すぐに大英博物館に向かう。ここも無料で観覧できる。日本の展示物もある。
15時から見始めて、17時に見終わった。

f:id:hourou_world:20130903155810j:plain

↑大英博物館の正面。

 
早足で2時間かかった。ゆっくりみていたら、半日は必要。唯一時間をかけてみたのは、二階の時計コーナー。カチカチと音がする。精巧な機械仕掛をみることができる。
興味を引いたのはアフリカエリア。見知らない作品や遺物を見ることができ、独特の感性のものが多かった。
以下の写真は適宜コメントをつける。

f:id:hourou_world:20130903160257j:plain

↑ロゼッタストーンは人気者。

f:id:hourou_world:20130903160345j:plain

↑エジプト展はカイロで見たことのあるものばかり。

f:id:hourou_world:20130903160627j:plain

f:id:hourou_world:20130903161425j:plain

f:id:hourou_world:20130903161440j:plain

f:id:hourou_world:20130903161618j:plain

f:id:hourou_world:20130903162201j:plain

f:id:hourou_world:20130903162237j:plain

f:id:hourou_world:20130903162333j:plain

f:id:hourou_world:20130903162840j:plain

↑日本展に置いてあった骸骨。

f:id:hourou_world:20130903163212j:plain

f:id:hourou_world:20130903163603j:plain

f:id:hourou_world:20130903163622j:plain

f:id:hourou_world:20130903163754j:plain

f:id:hourou_world:20130903163943j:plain

f:id:hourou_world:20130903164012j:plain

f:id:hourou_world:20130903164325j:plain

f:id:hourou_world:20130903164659j:plain

f:id:hourou_world:20130903164821j:plain

↑大英博物館に入ると、近代設備に驚いた。

f:id:hourou_world:20130903165420j:plain

f:id:hourou_world:20130903165443j:plain

f:id:hourou_world:20130903165612j:plain

↑時計のギミックは見ていて飽きない。

f:id:hourou_world:20130903170707j:plain

f:id:hourou_world:20130903171625j:plain

f:id:hourou_world:20130903171657j:plain

f:id:hourou_world:20130903172100j:plain

↑モアイ像。やけになめらかだ。

f:id:hourou_world:20130903172214j:plain

f:id:hourou_world:20130903172459j:plain

f:id:hourou_world:20130903172604j:plain

f:id:hourou_world:20130903172625j:plain

f:id:hourou_world:20130903173900j:plain

f:id:hourou_world:20130903174005j:plain

f:id:hourou_world:20130903174353j:plain

f:id:hourou_world:20130903174525j:plain

 
 
大英博物館を出て、中華屋で見つけた詰め放題3.9ポンドの弁当を食べる。

f:id:hourou_world:20130903180914j:plain

↑中華料理屋の外観。店内で食べると6.9ポンド。

f:id:hourou_world:20130903183222j:plain

↑弁当だが、詰め方はきれいではない。

f:id:hourou_world:20130903183033j:plain

↑弁当を食べた近くの公園。

 
その後、中華街まで歩き、写真を撮る。ピカデリーサーカス駅近くの薬局Bootsで風邪薬を購入2.9ポンド。

f:id:hourou_world:20130903185513j:plain

↑中華街に向かって歩く途中。

f:id:hourou_world:20130903190337j:plain

↑ショップのディスプレイは面白い。

f:id:hourou_world:20130903190532j:plain

↑自分が太陽です。

f:id:hourou_world:20130903191802j:plain

↑中華街についた。それほど規模は大きくない。

f:id:hourou_world:20130903191901j:plain

↑聞いたことのある劇がたくさんやっていた。

f:id:hourou_world:20130903193458j:plain

↑風邪薬は3ポンド。

 
 
ピカデリーサーカス駅から、タワーヒル駅に行き、ようやくタワーブリッジをみる。夜になりかけていたので、ライトアップが綺麗だった。

f:id:hourou_world:20130903205923j:plain

↑タワー・ブリッジ。

f:id:hourou_world:20130903210154j:plain

↑タワー・ブリッジの上からテムズ川を見る。

f:id:hourou_world:20130903210304j:plain

↑タワーブリッジの塔。

f:id:hourou_world:20130903210406j:plain

↑夕日は今日も綺麗だった。

f:id:hourou_world:20130903210430j:plain

↑ライトアップを本格化させるタワーブリッジ。

f:id:hourou_world:20130903210850j:plain

↑タワー・ブリッジのブリッジを上げ下げする駆動部。

f:id:hourou_world:20130903211218j:plain

↑ライトアップのタワー・ブリッジ。

 
そこから、ロイド保険組合のビルにいく。浦沢直樹という漫画家のマスターキートンという漫画で、主人公が保険調査の仕事をしているが、その依頼元の組織だ。工場のような建物で印象に残っており、本物を一度見たかったのだ。

f:id:hourou_world:20130903222012j:plain

↑ロイド保険組合の外観。

 
最後にウェストミンスター駅に行き、夜のビッグベンとロンドンアイ(観覧車)を見る。

f:id:hourou_world:20130903222840j:plain

↑地下鉄の入口。

f:id:hourou_world:20130903224315j:plain

↑光るロンドンアイ。

f:id:hourou_world:20130903224331j:plain

↑夜のビッグベン。

f:id:hourou_world:20130903224440j:plain

↑夜のビッグベンの塔の上部の時計の時間は正確だった。

 
宿に帰り、疲れたので買っておいたジュースを飲む。吐き出す不味さだった。この仕打ちはひどいと感じた。
f:id:hourou_world:20130904070033j:plain
↑宿に帰り、飲んでびっくり。あまりのまずさにビックリ。フルーツ本来の旨さがすべてなくなっていて、これが淘汰されずに流通していることにびっくり。
 
観光には満足して、寝たのは24時だった。
 
ロンドン周辺情報 2013年9月時点


より大きな地図で イギリス:ロンドン 2013年9月時点 を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。