ヒゲ脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20130925 花の都フィレンツェへ行く

2013年9月25日(水)

1ユーロ133円
フィレンツェ周辺の地図はページ下部に記載
 
フィレンツェへ行く。
昔映画でみた場所だ。そのときみたドゥオモに登りたい。
 
朝7時に起きて、朝ごはん。
パンにチーズとハムを挟んだものを4つ食べる。コーヒー2杯、ジュースは小さいカップなので4杯飲んだ。移動日なので、途中お腹が空かないように出来るだけ食べた。
 
iPhoneアプリで『テイルズオブファンタジア』というゲームが無料で出た。発売当時は小学生だった記憶があるが、お金がなくて買えなかった。中学生になり、ゲームから遠のいたが、32歳になって再び出会えたので、ダウンロードしてやってみた。
20分ほどプレイしたら、電池が60%もなくなった。電池消耗がとんでもないゲームだった。さらに10分プレイしたら、電池は15%になった。電池消耗が激しすぎて、プレイが出来ない。
 
9時になったので、チェックアウトしフィレンツェへ向かう。
水上バスに乗り、40分かけて駅に行く。

f:id:hourou_world:20130925092952j:plain

↑宿近くの水上バスのりば。天気は良くない。

f:id:hourou_world:20130925071754j:plain

↑非常に荒れた感じの天気。

f:id:hourou_world:20130925071751j:plain

↑こちらはモヤが消えてきている。

f:id:hourou_world:20130925101246j:plain

↑駅前の水上バス乗り場。
 
駅の自動券売機で切符を買う18.25ユーロ、鈍行で2回乗り換え(ボローニャ、プラト)、4時間かかり、10時43分発、14時50分着。鈍行なので予約はいらない。
イタリアの有名な観光都市であれば、電車が日に何本もあり、鈍行であればバスよりも安く移動できる。また自動券売機で買えば、出発時間を都合のいい時間で選択できるので便利だ。クレジットカードも使える。
 
切符をホームでバリデーション(打刻)する。2日前はこれをしていなかったために、罰金30ユーロをはらうことになった。

f:id:hourou_world:20130925101550j:plain

↑バリデートしないと、罰金がかかると書いてある。いくらかは書いていない。

f:id:hourou_world:20130925101608j:plain

↑バリデートする機械。

f:id:hourou_world:20130925102534j:plain

↑乗り込む電車。

 
電車が発車、改札が途中であったが今回はバリデーションしていたので、何もなく終わった。
11時50分に駅に止まり警察が車内に入ってきた。同じ車内にいた黒人が警察に捕まりかけていた。無賃乗車らしい。彼は大声で何かを言っていたが、結局罰金200ユーロを払い、車内に戻った。この騒動で電車が10分あまり遅れた。乗客は彼に敵意の眼差しを向けていた。車内が殺伐とした雰囲気になる。

f:id:hourou_world:20130925104704j:plain

↑車窓からベネツィアを写す。

f:id:hourou_world:20130925102824j:plain

↑車内は人がいなかった。寝ると危ないので、人が増えてから寝よう。 
 
12時40分にボローニャにつき、電車を乗り換える。プラト行は1番乗り場で13時10分発車。時間が少しあったので、ボローニャ駅周辺を歩く。何もない。電車に乗り、発車を待つ。先頭車両だけがエアコンが効いていて快適。

f:id:hourou_world:20130925123949j:plain

↑ボローニャ駅のホーム。

f:id:hourou_world:20130925124355j:plain

↑ボローニャ駅の外観。

 

定時に発車した。この路線は山間を走り、トンネルばかりだった。
プラト駅ではフィレンツェ行に乗り換えるが、5分しか時間がないので急がなければいけない。

f:id:hourou_world:20130925124939j:plain

↑ボローニャ駅の電車乗り場へ。

f:id:hourou_world:20130925125407j:plain

↑車内はまたしても空いていた。

 
プラト駅で無事に乗り換えた。もし乗り換え出来なくても20分に一本の割合で電車があるので慌てなくても大丈夫だ。
プラト駅に立つと、かなり暑い。ベネツィアは快適だったが、フィレンツェ周辺は夏だ。先週のドイツは凍えるほど寒かったのに、急激に気温が変わったので体調に気をつけなければならない。ローマはさらに南にあるのでもっと暑くなるのだろうか。

f:id:hourou_world:20130925142926j:plain

↑プラト駅のホーム。

f:id:hourou_world:20130925143124j:plain

↑フィレンツェへは何本も出ていた。

 
Prato(プラト)駅からFirenze St Maria Novella(フィレンツェサンタマリアノベーラ)駅は20分で着く。

f:id:hourou_world:20130925143554j:plain

↑車窓から。晴れている。 

f:id:hourou_world:20130925150044j:plain

↑フィレンツェ駅の構内。

f:id:hourou_world:20130925145454j:plain

↑とても混んでいる。スリなどに気をつけよう。

 

昼食に駅前のマクドナルド、ビックマックセット6.75ユーロ。イタリアのフライドポテトは2種類あり、いつもと違うポテトを食べた。揚げ過ぎで、ポテトチップスのような食感のため、よりジャンクフード感が高まる結果となった。

f:id:hourou_world:20130925150454j:plain

↑マクドナルドを見ると、嬉しい。パブロフの犬のような反応になってきた。

f:id:hourou_world:20130925150809j:plain

↑券売機。これで頼むと早い。

f:id:hourou_world:20130925151833j:plain

↑ポテトの形状が違う。

 
そこから歩いて15分で今日の宿。
 
Plus Firenze:プラスフィレンツェ
6人ドミトリー26.2ユーロ
シャワートイレ共同、ホットシャワー、水量水圧よし、トイレットペーパーあり、無料WiFi(混雑する時間は使えない、遅い)、朝食6ユーロ(パン、ハム・チーズ、コーヒ紅茶、ジュース、スクランブルエッグ、ベーコン、ジャム、フレーク、フルーツ)、夕食は6ユーロからでピザやパスタがある、プールがあり冬季は室内温水プールになる、バー併設、ランドリー8ユーロ

f:id:hourou_world:20130925154136j:plain

↑玄関。

f:id:hourou_world:20130925154146j:plain

↑玄関。

f:id:hourou_world:20130925160748j:plain

↑フロント。いつも混んでいた。

f:id:hourou_world:20130925155954j:plain

↑ランドリールーム。

f:id:hourou_world:20130925155856j:plain

↑食堂、夜はバー。

f:id:hourou_world:20130925160907j:plain

↑プールあり。冬は室内プールが利用できる。

f:id:hourou_world:20130925155448j:plain

↑6人ドミトリー。1段ベッドが2個あり、早い者勝ち。

f:id:hourou_world:20130926140654j:plain

↑シャワー室。水量水圧排水すべてが完璧。

f:id:hourou_world:20130926140705j:plain

↑トイレ。

 
17時、散策開始。
 
すぐにスーパーを発見した。宿の近くにあったが、20時閉店なので早い。

f:id:hourou_world:20130925171830j:plain

↑品揃えはまあまあ。

f:id:hourou_world:20130925171907j:plain

↑高いサンドイッチ。購入層がわからない。いつも売れ残っている。

 
次にドゥオモに向かった。途中で、市場を見つけたが、すでに店は閉店していた。午前中にくればやっているかもしれない。

f:id:hourou_world:20130925173008j:plain

↑市場。中に入っても全て閉まっていた。

f:id:hourou_world:20130925172921j:plain

↑中の様子。

f:id:hourou_world:20130925172945j:plain

↑市場の前のケバブ屋。

f:id:hourou_world:20130925173224j:plain

↑市場の前の露店。アジアの感じ。

 

そこから数分でドゥオモに着いた。ドゥオモのすぐ隣りにベルタワーが建っていた。どちらも登ることができ、400段以上の階段を登って、最上階に行ける。どちらにもエレベーターはない。明日登ることにして、ほかをぶらつく。

f:id:hourou_world:20130925174029j:plain

↑ドゥオモ、右側がベルタワー。

f:id:hourou_world:20130925174329j:plain

↑ドゥオモ。

f:id:hourou_world:20130925175742j:plain

↑夕陽が差し込む。

f:id:hourou_world:20130925174252j:plain

↑ベルタワー。

f:id:hourou_world:20130925174411j:plain

↑入場料は10ユーロ。

f:id:hourou_world:20130925174550j:plain

↑ベルタワーと夕陽。

f:id:hourou_world:20130925175900j:plain

↑ベルタワーとドゥオモ。

 

そこから少し離れたところに、美術館とタワーがひとつになった場所が見えたので向かう。途中の道に画を書いているところがあった。チョークだと思うが、非常にリアルな絵だった。

f:id:hourou_world:20130925180035j:plain

↑おもしろ標記。

f:id:hourou_world:20130925180205j:plain

↑通りは混雑している。

f:id:hourou_world:20130925180542j:plain

↑道路に絵画。次の日には綺麗に消されていて、また違う画が描かれていた。

f:id:hourou_world:20130925180513j:plain

↑結構な質の画だった。

f:id:hourou_world:20130925180758j:plain

↑高い塔。

 

そこから河に向かうと、夕日が河を差していた。特に何もないので、橋を渡り向こう岸に行ってみた。そのままなんとなく歩き、丘を登る。そこから下って、ミケランジェロ広場についた。後でわかったが、非常に遠道でミケランジェロ広場に向かっていた。

f:id:hourou_world:20130925181838j:plain

↑ますます夕陽。

f:id:hourou_world:20130925181953j:plain

↑さらに夕陽。

f:id:hourou_world:20130925182222j:plain

↑橋に住居?

f:id:hourou_world:20130925182655j:plain

↑橋をわたった後の風景。

 

ミケランジェロ広場からは夕日はすでに落ちてしまったが、夜に沈んでいく街並みを眺めていた。1時間ほどそこで街を観ていた。

f:id:hourou_world:20130925190326j:plain

↑ミケランジェロ広場からフィレンツェを眺める。

f:id:hourou_world:20130925192520j:plain

f:id:hourou_world:20130925190548j:plain

f:id:hourou_world:20130925193603j:plain

f:id:hourou_world:20130925193050j:plain

f:id:hourou_world:20130925195014j:plain

f:id:hourou_world:20130926211840j:plain
↑夜のフィレンツェ。真ん中にドゥオモ。

 

お腹が空いたので、街に戻る。

f:id:hourou_world:20130925194939j:plain

↑照明が河に映える。

f:id:hourou_world:20130925195841j:plain

↑夜はまた格別だと感じる。

 

夜のフィレンツェはまたひと味ちがう。

f:id:hourou_world:20130925195906j:plain

f:id:hourou_world:20130925200231j:plain

↑ベルタワーとドゥオモの夜。

  

ケバブ屋を見つけたので、ケバブセットを食べる5.5ユーロ。

f:id:hourou_world:20130925202317j:plain

↑ケバブ屋はたくさんある。

f:id:hourou_world:20130925201256j:plain

↑ケバブは野菜が多くて助かる。

 

宿に帰り、シャワーを浴びて寝る。

 

フィレンツェ周辺情報 2013年9月時点


より大きな地図で イタリア:フィレンツェ 2013年9月時点 を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。