ヒゲ脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20131001 【モナコ】ニースから21分でモナコ公国へ

2013年10月1日(火)

1ユーロ=132円
モナコ周辺地図はページ下部 
 
朝8時に起きて、朝食を食べる。
タンパク質はなく、パンとフレーク12種類が食べ放題だ。

f:id:hourou_world:20131001082923j:plain

 ↑フレークにこんなに種類があってもしょうがないと思う。
 
フロントでモナコへの行き方を聞き、おすすめの順路を聞いた。
 
昼前にモナコ公国へ行くため、電車に乗る。21分、往復7.4ユーロ。
ニースからは1時間に1本、毎時25分にモナコ行きが出ている。
モナコからも1時間に1本以上、毎時5分にニース行きが出ている。

f:id:hourou_world:20131001162746j:plain

↑ニース駅は工事中。

f:id:hourou_world:20131001162648j:plain

↑ニース駅の構内。自動券売機がたくさんある。

f:id:hourou_world:20131001172931j:plain

↑モナコまでの往復キップ。

f:id:hourou_world:20131001121305j:plain

↑ニース駅のホーム。

f:id:hourou_world:20131001122107j:plain

↑電車は2階建て。

  
モナコ駅につくが、駅が少し複雑だった。地図を見て、一番高いところの出口から出た。そこから海岸を目指して歩く。

f:id:hourou_world:20131001125147j:plain

↑ニース駅は地下にある。

f:id:hourou_world:20131001125821j:plain

↑ニース駅の最上部の出口。複数出口がある。

 
途中でインフォメーションがあったので、ベストビューポイントを聞いた。2箇所を教えてもらった。そこに行くことにする。
 
海岸まで下りて、マクドナルドを発見したので昼食。ビッグマックセット6.2ユーロで、ニースと値段は同じだった。

f:id:hourou_world:20131001133822j:plain

↑赤いライトの下で食べるビッグマックセット。食欲が減退する。

 
マクドナルドからカジノへ向かう。午前中は10ユーロを支払って見学が可能。
14時からカジノが開店する。この時間から無料で入れる。たまたま私は14時以降だったので無料で入れた。入場にパスポートが必要かと思ったが、必要なかった。カメラは持ち物預かりで預けなければならない。カジノ内は写真が撮れない。

f:id:hourou_world:20131001140125j:plain

↑カジノの正面。内装は宮殿並に豪華だが、写真が撮れない。

 
100年以上前にできたカジノで内装は宮殿のように豪華だった。写真を撮れないのが惜しまれる。中は広くはない。500人も入れば一杯になってしまう。
マカオのカジノに比べると大きさは100分の1くらいの広さしかない。トランプテーブルも10個くらいしかない。
早速ポーカーを始めている人がいた。少し眺めて、カジノから出た。
 
モナコはF1が開催されることでも有名だ。私は、このコースをグランツーリスモというゲームで何回も走っており、実際にモナコに来て、その道を見たかった。
カジノの次はこの道路沿いを歩いて見た。実際のゲームの通りで、一番スピードが出る直線の坂道を下って歩いた。

f:id:hourou_world:20131001131922j:plain

↑ゲームでも悩まされたヘアピンカーブ。

f:id:hourou_world:20131001132258j:plain

↑海岸沿い。

f:id:hourou_world:20131001132238j:plain

↑ゲームではここから加速して、トンネルを出たらブレーキ。左に曲がる。

f:id:hourou_world:20131001141719j:plain

↑モナコには広場がたくさん道の脇にあった。

 
そこから旧市街を目指す。
旧市街は特に目立ったところはない。レストランと土産物屋がたくさんあるだけだった。

f:id:hourou_world:20131001144504j:plain

↑旧市街からの眺め。

f:id:hourou_world:20131001145218j:plain

↑旧市街にある像。

f:id:hourou_world:20131001143759j:plain

↑モナコはトンネルが多い。土地を立体に活用している。

f:id:hourou_world:20131001145438j:plain

↑旧市街の路地はレストランとおみやげ屋。

f:id:hourou_world:20131001145920j:plain

↑旧市街から眺める別のモナコの街。

f:id:hourou_world:20131001150239j:plain

↑旧市街にある教会の内部。

f:id:hourou_world:20131001150852j:plain

↑旧市街にある宮殿。衛兵交代は午前11時55分に見れる。

 
今度は、一番のビューポイントと言われた場所を目指して、山側に向かって歩く。
エレベーターが設置してあり、坂道を登らなくても、あまり疲れずにベストビューポイントに行くことができる。

f:id:hourou_world:20131001152353j:plain

↑エレベータがあるという目印。見逃しやすい。

f:id:hourou_world:20131001152903j:plain

↑地下10階まであるエレベータ。

f:id:hourou_world:20131001152531j:plain

↑エレベータの外観。これはわかりやすいが、地下に埋まってわかりにくいものがほとんど。

 
ベストビューポイントは混んでいる割にはあまりよくなかった。旧市街から眺めるほうが良い景色だった。

f:id:hourou_world:20131001153426j:plain

↑ベストビューポイントからの風景。右側の山にあるのが旧市街。左側がカジノのある街。

 
そこから歩いてモナコ駅を目指す。かなり高台にいるので下り坂で駅に行くことができた。16時5分のニース行きに乗り、ニースに戻った。21分で着いてしまうのであっという間だ。他の国と言われても、実感がわかない。

f:id:hourou_world:20131001155057j:plain

↑坂道を下る。ここからの景色はなかなか。

f:id:hourou_world:20131001155334j:plain

↑モナコ駅は谷あり、谷の一番下がホーム。

f:id:hourou_world:20131001155338j:plain

↑谷は工事中でもある。

 
ニースでカルフールを見つけたので、夕飯を買う。缶詰とレンジで温めるオカズとパンとジュースで4.7ユーロだった。

f:id:hourou_world:20131001165530j:plain

↑ニースのカルフール。やっとハンバーガー以外が食べられる。

 
缶詰にはソーセージが入っていたが、食べられないほどのエグさで残してしまった。豆は美味しかった。レンジで温める方は、ジャガイモのグラタンのような味でこちらはとても美味しかった。 
f:id:hourou_world:20131001201425j:plain
↑左側のソーセージがこの世のものとは思えない味。

f:id:hourou_world:20131001202059j:plain

↑夕飯を食べている時に、すぐ隣りで誰かがクラシックを弾き始めた。優雅な夕飯だった。 

 

夕飯を食べて、コーヒーを2杯飲む。このせいで全く眠ることができなかった。朝の5時ごろまでベッドで寝返りを繰り返す人生となってしまった。

 

モナコ周辺情報 2013年10月時点


より大きな地図で モナコ公国:モンテカルロ 2013年10月時点 を表示
 

フランスの安宿やご飯の情報はこちらから!

 


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。