読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髭脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20140106 マチュピチュ遺跡の麓の村(アグアスカリエンテス)に向かう

2014年1月6日(月)
1ソル=37円

 

ー別の記事ーーーーーーーー

【ツアーを使わない】安くマチュピチュ遺跡へ行く方法
ーーーーーーーーーーーーー

朝六時半に起きて、用意をする。

7時に朝食を食べ、アルマス広場に向かう。

f:id:hourou_world:20140106071425j:plain

↑朝食を食べる。

f:id:hourou_world:20140106072823j:plain

↑朝のアルマス広場。

 

7時半に迎えの中型バスに乗る。

座席は前半は右側が面白いが、後半は左側が面白い。

f:id:hourou_world:20140106082546j:plain

↑バスの内部。

f:id:hourou_world:20140106090437j:plain

↑流れる風景。

 

今日は、クスコからバスで水力発電所(イドロエレクティカ)に向かい、そこから徒歩で10キロ歩き、マチュピチュ遺跡の麓の村であるアグアスカリエンテスに行く。

 

バスは、マリアテレサ村近くの水力発電所(イドロエレクティカ)にいくバスで、休憩を挟み14時くらいに現地に着く予定だ。

 

たいてい何かのトラブルがあり、遅れることがよくある。
道が土砂崩れで通れなくなっていたり、エンジンが故障したりなどだ。

f:id:hourou_world:20140106091207j:plain

↑途中の町、ウルバンバ。

 

クスコを出発して、9時半ごろに休憩でレストランに止まった。

谷の中を走る道は、高い山に囲まれて景色がいい。

この休憩が最後で、後は13時半まで休憩がない。

f:id:hourou_world:20140106094120j:plain

↑休憩所はたくさんの車がやってくる。

f:id:hourou_world:20140106094050j:plain

↑休憩所の隣を走る線路。

 

再び出発し、どんどん山を登って行く。

森林限界の高さになった後、雲を見下ろす高さまで上がる。

ここまで来ると寒い。

f:id:hourou_world:20140106105108j:plain

↑雲の高さまでもう少し。

f:id:hourou_world:20140106103353j:plain

↑雨季で滝ができている。

 

午前11時くらいから今度はひたすら下りになる。

下りに入るとき、運転手が胸で十字をきっていた。
ちょっと危ない道なのかもしれない。

山は冠雪している。

f:id:hourou_world:20140106111722j:plain

↑霧で前が見えなくなる。

f:id:hourou_world:20140106112623j:plain

↑冠雪している。この辺は5000メートルに近い場所。

 

霧に包まれ、前が見えない。

土砂崩れが4箇所あった。

f:id:hourou_world:20140106121027j:plain

↑道が川になっている箇所がいくつもある。

 

道はアスファルトなので、快適なドライブだ。

道は大変よく作られており、整地と施工技術の高さが目立っていた。ただ高地のためメンテナンスが難しいようで、雨季の土砂崩れはどうしようもない。

 

13時過ぎにサンタマリア村を過ぎると、未舗装になった。

ガタガタ揺れが激しい。

片側は崖だ。

f:id:hourou_world:20140106125320j:plain

↑激流が見えてきた。

f:id:hourou_world:20140106130713j:plain

↑落石などもある道。

 

13時半にサンタテレサ村に着いた。

ここで昼食になった。

ツアーに昼食は無料付いている。

f:id:hourou_world:20140106134530j:plain

↑サンタテレサの村で食事となる。

f:id:hourou_world:20140106142849j:plain

↑村の後ろにながれている川。

 

スープとビーフステーキを食べた。

f:id:hourou_world:20140106134801j:plain

↑レストランの内部。

 

f:id:hourou_world:20140106135928j:plain

↑スープは具たくさん。

 

 

 

f:id:hourou_world:20140106141022j:plain

↑薄めの牛肉ステーキ。

 

14時半に再び水力発電所(イドロエレクティカ)に出発した。

f:id:hourou_world:20140106150252j:plain

↑穴から大量の水が噴出。

 

20分後に到着する。

記帳して、鉄道駅から徒歩ルートを開始した。

f:id:hourou_world:20140106151519j:plain

↑この場所で記帳。

f:id:hourou_world:20140106151057j:plain

↑天気が良い。

 

15時20分に徒歩を開始した。

10キロ歩くのは久しぶりだ。

f:id:hourou_world:20140106152256j:plain

↑徒歩開始。f:id:hourou_world:20140106152956j:plain

↑ここをのぼる。

f:id:hourou_world:20140106153405j:plain

↑登ると平坦な線路道が開始される。

f:id:hourou_world:20140106153813j:plain

↑ワクワクする風景になる。

 

線路に沿って歩く。

歩道はなく、ゴロゴロした石なので歩きにくい。

 映画『スタンドバイミー』で、線路をずっと歩く様に似ている。

この映画に親しみがあるのは、1980年台以前の生まれだけかもしれない。

 

小雨なので道はぬかるみ、滑りやすかった。

また、隣に流れている川は激流になっており、落ちたらまず助からない。

これほどの激流を見たことがない。

f:id:hourou_world:20140106154411j:plain

↑激流に耐える巨石。とてつもない力に耐えている。

 

最初のポイントである橋に着いた。
下を見ながら渡ると、怖い気分になる。

f:id:hourou_world:20140106154630j:plain

↑橋。右側に歩行専用の橋。薄い鉄板で怖い。

f:id:hourou_world:20140106155151j:plain

↑こういう道を延々と歩く。

f:id:hourou_world:20140106161658j:plain

↑途中の休憩所。有料で高い。

f:id:hourou_world:20140106162557j:plain

↑たくさんの人が歩いている。

 

黙々と歩き続けて、駅のような場所に着く。

ここからさらに歩くと、トンネルが2つある。

トンネル内は狭く、ここで列車に遭遇すると危ないので気をつける。

f:id:hourou_world:20140106170039j:plain

↑何か建物らしきものが見えてくると、それは駅。

f:id:hourou_world:20140106170201j:plain

↑ここが駅。

f:id:hourou_world:20140106170738j:plain

↑トンネル。狭いので列車が来ていないか警笛を聞いておく。

f:id:hourou_world:20140106171125j:plain

↑2つめのトンネル。

 

トンネルを抜けると村までもうすぐだ。

f:id:hourou_world:20140106172044j:plain

↑最初に出会う建物。

 

かなり早歩きで歩いて、17時20分にアグアスカリエンテスに着いた。

村に着いたところで、列車がやってきた。

ちょうど2時間で10キロを歩いた。

f:id:hourou_world:20140106172158j:plain

↑村が見えてきた。

f:id:hourou_world:20140106172246j:plain

↑到着したと思ったら、後ろから列車がやってきた。

 

調べておいた宿がすぐ目の前にあったので入る。

 

Eco Packers hostels:エコパッカーズホステル

4人ドミトリー36ソル

シャワートイレ共同、ホットシャワー、水量水圧強い排水よし、無料WiFi(少し遅い)、無料朝食(コーヒー紅茶、パン)、ホステルワールド最高評価

f:id:hourou_world:20140106172325j:plain

↑宿の外観。

f:id:hourou_world:20140106173318j:plain

↑ドミトリー内部。

f:id:hourou_world:20140106201603j:plain

↑フロント。

f:id:hourou_world:20140107073826j:plain

↑カーテンがないので、水浸しになる。

f:id:hourou_world:20140107074223j:plain

↑朝食。

f:id:hourou_world:20140107074227j:plain

↑屋上にあるラウンジ。ここで朝食を食べる。

f:id:hourou_world:20140107094919j:plain

↑ビリヤード台もある。

f:id:hourou_world:20140107075824j:plain

↑フロントを別角度から。

 

相場より高めだったので、明日は違う宿にする。

 

チェックイン後、10キロを歩いたので、まずはシャワーを浴びて汗を流す。

 

村を散策しに出かける。

マチュピチュ入場チケットを買う場所、市場、サッカー場、温泉の場所、おみやげ屋、バス乗り場など、各所の位置を把握する。

f:id:hourou_world:20140106181334j:plain

↑散策に出かける。

f:id:hourou_world:20140106181623j:plain

↑川の水は常に激しい。

f:id:hourou_world:20140106182547j:plain

↑村の間を流れる川。

f:id:hourou_world:20140106182742j:plain

↑謎のタイツマン。

 

市場の2階に安食堂を見つけた。

そこだけが地元民で混んでいる。

スープ、メインディッシュで7ソル。

f:id:hourou_world:20140106200922j:plain

↑市場の2階。人だかりがあるので、すぐに分かる安レストラン。

f:id:hourou_world:20140106193508j:plain

↑お母さんと娘さんが対応。

f:id:hourou_world:20140106193501j:plain

↑スープ。

f:id:hourou_world:20140106195212j:plain

↑昼と同様にステーキを注文。

 

食後、夜の村を歩いて宿に帰る。

f:id:hourou_world:20140106185658j:plain

↑夜の町は明るい。

f:id:hourou_world:20140106191226j:plain

↑人通りもまずまず。

f:id:hourou_world:20140106192133j:plain

↑なにかワクワクする建物。人はほとんど入っていないが。

f:id:hourou_world:20140106201210j:plain

↑村を通る線路。

 

すぐに眠ってしまった。

 

 アグアスカリエンテス周辺情報 2014年1月時点


より大きな地図で ペルー:アグアスカリエンテス 2014年1月時点 を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。