ヒゲ脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20140108 マチュピチュ遺跡に行く

2014年1月8日(水)

1ソル=37円

 

朝5時に起きる。朝食を食べる。

 パン、コーヒー、オレンジジュースを食べた。

f:id:hourou_world:20140108053229j:plain

↑朝食は、泊まっていた中国人たちに食べ荒らされており、ひどい状態だった。

 

最低の宿なので、早くチェックアウトする。

朝9時だ。

ホテルを出ると、とても晴れていた。

 

今日も雨だと思っていたが、急遽遺跡に行くことにする。

 

新しい宿にチェックインする。

 

Supertramp:スーパートランプ

10人ドミトリー30ソル

シャワートイレ共同、ホットシャワー、水量水圧よし排水悪い、無料WiFi(全く繋がらない)、無料朝食(スクランブルエッグ、パン、コーヒー)、コーヒー紅茶飲み放題、電源が著しくなく充電困難、トリップアドバイザー3位

f:id:hourou_world:20140108093302j:plain

↑宿の外観。

f:id:hourou_world:20140108093235j:plain

↑2階のスペース。  

f:id:hourou_world:20140108154031j:plain

↑無料のコーヒーとお茶。

f:id:hourou_world:20140108150038j:plain

↑3階にあるラウンジ。

f:id:hourou_world:20140108150045j:plain

↑10人ドミトリー。

f:id:hourou_world:20140108170717j:plain

↑フロント。

f:id:hourou_world:20140108093213j:plain

↑シャワー。

f:id:hourou_world:20140108093234j:plain

↑大容量のドミトリー。

 

9時半に宿を出て、遺跡のチケットを買いに行く。

f:id:hourou_world:20140108093848j:plain

↑マチュピチュ遺跡の入場券を売る所。

 

チケット売り場は、クレジットカードが使えなかった。

現金で126ソルを払う。

 

次にバス乗り場に向かう、徒歩2分でつく。

バスチケットは往復で19USドル、クレジットカードが使えなかった。

もう現金がなかったので、片道28ソルを買う。

徒歩で登ることもできるが2時間かかる。遺跡でもかなり歩くことになるので、登りはバスの方が無難。

下りは30分で下りられる。

f:id:hourou_world:20140108094759j:plain

↑バスのチケット売り場。

f:id:hourou_world:20140108101550j:plain

↑バスの中。

f:id:hourou_world:20140108094750j:plain

↑バスチケット。 

 

バスに乗り込み、10時過ぎに遺跡の入り口に着いた。

f:id:hourou_world:20140108101814j:plain

↑入場ゲートは左奥。

  

遺跡に着き、チケットとパスポートを見せて入場する。

f:id:hourou_world:20140108101957j:plain

↑入場直後の風景。

 

入場して、少し登るとよく写真で見る景色になった。

f:id:hourou_world:20140108103235j:plain

f:id:hourou_world:20140108103155j:plain

f:id:hourou_world:20140108102851j:plain

 

何枚か写真を撮りながら、のぼっていく。

橋があるという看板があったので、それにならって20分ほど山の中を進んで行った。

f:id:hourou_world:20140108103402j:plain

↑川沿いに線路があり、それにそって歩いてきた。

f:id:hourou_world:20140108103543j:plain

↑眺めがいい。

 

切り立った崖を進んで行く。

崖に階段が組まれ、橋がかかっていた。

渡ろうとしたが、行くことができないようになっていた。

f:id:hourou_world:20140108105549j:plain

↑わかりにくいが、岩壁に木の橋がかかっている。岩壁ぞいに道があるが今は通れない。 

 

ここから、水力発電所がよく見える。一昨日、歩いてきた道を上から眺めていた。

f:id:hourou_world:20140108104948j:plain

↑水力発電所が見える。

f:id:hourou_world:20140108105027j:plain

↑線路沿いを歩いていると見つかる鉄橋だ。

 

遺跡に戻り、今度はINTIPUNCU(ページ下部の地図に場所を記載)という山に登る。

ずっと登りで、30分くらいは登り続けることになる。

f:id:hourou_world:20140108112623j:plain

↑ずっと上り坂。

 

ようやく頂上につく。

そこには素晴らしい景色が待っていた。

f:id:hourou_world:20140108115154j:plain

↑中央奥にある灰色の部分がマチュピチュ。つづら折りのバスルートも見える。

 

マチュピチュ遺跡とワイナピチュ山を遥かに見渡せる場所だった。

f:id:hourou_world:20140108113602j:plain

↑マチュピチュを見下ろせる。

f:id:hourou_world:20140108115646j:plain

↑遥か遠くにマチュピチュ遺跡とワイナピチュの山が見える。

 

ここで持ってきたクッキーとインカコーラを食べて休憩する。

 

晴れ間が見えているが、遺跡の右奥は雨が降っている。

そのうちここにもやってくると思い、足早に遺跡に戻ることにした。

 

遺跡に戻り、写真を撮っていると雨が降ってきた。

f:id:hourou_world:20140108123928j:plain

↑遺跡に戻ると、奥では雨が降っている。

f:id:hourou_world:20140108123510j:plain

↑激しい雨がやってくる。

f:id:hourou_world:20140108124030j:plain

↑遺跡は綺麗に整備されている。

f:id:hourou_world:20140108124534j:plain

↑奥にある高い山がワイナピチュ。

f:id:hourou_world:20140108124138j:plain

↑リャマ?アルパカ?がいる。

 

急いで雨宿りできる建物に避難する。

 

しばらく雨宿りをしながら、椅子に座っていた。

2時間くらい上り下りをしていたのでいい休憩になった。

 

雨が上がり、再度遺跡を歩く。

遺跡自体はくるっと一周するのに30分もあればできる。

f:id:hourou_world:20140108131947j:plain

↑雨が止み、探索再開。

f:id:hourou_world:20140108124252j:plain

↑段々畑が急斜面にそっている。

f:id:hourou_world:20140108132426j:plain

↑よく切り開いたなと思う。

f:id:hourou_world:20140108133308j:plain

↑雲がやってきた。

 

断崖にある遺跡は、直ぐに真下に川や線路が見える。

f:id:hourou_world:20140108132159j:plain

↑眼下に川が流れている。あそこまで下山する。

 

遺跡が発見されて100年も経っていないが、よくこんなところに建物があることに気付いたなと思う。

天空の城と呼ばれるのは伊達ではなかった。

f:id:hourou_world:20140108133414j:plain

↑下から眺める遺跡。 

 

黒い雨雲が近づいている。

これは通り雨ではないことを察知して、遺跡を後にすることにした。

f:id:hourou_world:20140108133429j:plain

↑なかなか止みそうにない雨雲だ。 

 

現金でバス代はなかったので、歩いて下山する。

やはり、途中で大雨になった。

 

急いで駆け下りて25分くらい、急なのでゆっくり降りた方が良い。今回は雨なので、私は駆け下りた。

f:id:hourou_world:20140108134025j:plain

↑下山ルートは、ほぼ直線で降りてこられる。

f:id:hourou_world:20140108134121j:plain

↑ほぼ直線ルートなので階段は急。 

 

下山し、橋を渡る。川の水量が激しい。

しばらく激流に見とれる。

すぐそこに見える途方もない状態が好きなのだ。

f:id:hourou_world:20140108141330j:plain

↑下山したあとにみれる風景。f:id:hourou_world:20140108141343j:plain

↑この橋を渡ると、もうすぐ駅。f:id:hourou_world:20140108141401j:plain

↑川は今日も激流だった。

 

橋を渡り、線路まで上がる。

一昨日歩いた線路の道で、アグアスカリエンテスを目指す。

 

村までは長さ100メートルほどのトンネルが二つあるが、トンネル内で列車が来ると逃げ場がない。

注意して進まなければならない。

警笛の音が聞こえたら、トンネルには入らないようにしてほしい。

 

線路を歩いてあると遠くで警笛が聞こえた。

 

三分ほどしたら、列車がやってきた。

一昨日は見れなかったので嬉しかった。

f:id:hourou_world:20140108143430j:plain

↑列車。

f:id:hourou_world:20140108143403j:plain

↑列車を間近で見れてよかった。

 

25分ほど線路を歩いて村に戻り、宿に帰りシャワーを浴びる。

汗と雨で、身体が大変な状況になっている。

 

シャワーは水圧水量がよく気持ちよかった。

 

リフレッシュしたので、お金を下ろしに銀行に行く。

ATMで400ソルを下ろした。

 

雨が強くなってきた。

いつもの安レストランに入り、昼ごはん。

 

ロモサルタードという定番の牛肉炒めの料理を食べた6ソル。

f:id:hourou_world:20140108164312j:plain

↑牛肉野菜炒めにポテトが入っている。

f:id:hourou_world:20140108165605j:plain

↑右奥にいつも食べるレストラン。

 

宿に帰り、お茶を飲みながらゆっくりする。

 

19時になって駅に明日の切符を買いに行く。

アグアスカリエンテスからオリャンタイタンボまでの切符で、8時53分発を買った。片道55USドル。

これ以外の時間になると、安い切符は早朝5時台か、14時台になってしまうので一択だ。

f:id:hourou_world:20140108194144j:plain

↑切符売り場。

f:id:hourou_world:20140108193000j:plain

↑Expeditionという種類の切符が一番安い。時間帯は微妙。

f:id:hourou_world:20140108194027j:plain

↑切符。

 

再び安レストランに向かい、夕食。

さっき食べただろ、みたいな顔をされるが気にせず注文。

夜はスープが付いて、同じロモサルタードを食べる7ソル。

f:id:hourou_world:20140108195548j:plain

↑2回目のロモサルタード。 

 

ここで飲める甘いお茶があるのだが、これが美味しい。

初めて飲んだとき、ほのかな甘さと安らぐ暖かさに魂が揺れた。

今日のお茶は少し甘過ぎたためダメだった。

 

宿に帰り、すぐに寝た。

かなり疲れていたようだ。調子に乗って山を駆けていたからだろう。

 

アグアスカリエンテス周辺情報 2014年1月時点


より大きな地図で ペルー:アグアスカリエンテス 2014年1月時点 を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。