読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髭脱毛の悩み改善。男は「豆腐ハードボイルド」

ヒゲに悩んでいる方に向けて、メディオスターを使った痛くないヒゲ脱毛の経過を書いています。安くて痛くないのに、効果がある髭脱毛を探求中です。おすすめ、人気のアイテム等を徹底検証

20140130 【バス移動】ラキアカ(La Quiaka)からサン・サルバドール・デ・フフイ(Jujuy)

2014年1月30日(木)

1ペソ=13円

 

ー【バス移動】ーーーーーーーーーーーー
ラキアカ(La Quiaka)からサン・サルバドール・デ・フフイ(Jujuy)にバスで行く。
片道7時間かかり、料金は90ペソ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

朝8時に起きて朝ごはん。

パンとコーヒーのみ。

f:id:hourou_world:20140130071701j:plain

↑朝食。

f:id:hourou_world:20140130070759j:plain

↑宿の庭。

 

9時にチェックアウトして、バスターミナルに向かう。

徒歩5分くらい。

f:id:hourou_world:20140130081057j:plain

↑バスターミナルに向かう途中。

 

El Quiaqueño(エルキアケーニョ)というバス会社で、サン・サルバドール・デ・フフイ行きのチケットを買う、90ペソ。

f:id:hourou_world:20140130081507j:plain

↑バス会社のチケット売り場。

f:id:hourou_world:20140130093508j:plain

↑チケット。

 

9時40分発で、荷物を預けるのにさらに5ペソ必要だった。

f:id:hourou_world:20140130093303j:plain

↑バスに乗車する。

f:id:hourou_world:20140130093905j:plain

↑足元が広いのに驚く。

 

バスは広く快適で、ボリビアのバスとレベルが違った。

 

11時20分に荷物チェックの場所につく。

かなり詳細に中身を調べられる。

f:id:hourou_world:20140130113727j:plain

↑荷物をチェックする所。

f:id:hourou_world:20140130124642j:plain

↑これから何度もチェックされるとは思いもしなかった。

 

12時にようやく発車。

 

12時40分に、二回目の荷物チェックの場所につく。

二回目の荷物チェックを受け、発車。

 

14時に三回目の荷物チェック。

厳戒態勢だったエジプトよりもいちいち荷物チェックされる。

非効率すぎる。

 

15時すぎに、サン・サルバドール・デ・フフイについた。

バスターミナルの案内所で、宿の位置を聞く。

f:id:hourou_world:20140130151508j:plain

↑フフイのバスターミナル。軽食屋などがあり、食べたくなる。

f:id:hourou_world:20140130152320j:plain

↑バスターミナルにあるインフォメーション。地図などがもらえる。

 

高度は1200メートルになり、気温は高くなった。暑く感じる。

また空気が濃いと感じる。

3500メートル以上で約一ヶ月暮らしていたので、久しぶりに低地だ。

f:id:hourou_world:20140130152756j:plain

↑橋をわたる。

f:id:hourou_world:20140130152943j:plain

↑宿に向かう。

 

徒歩10分くらいで今日の宿。

 

Dublin Hostel:ダブリンホステル

5人ドミトリー80ペソ(1040円)
シャワートイレ共同、ホットシャワー、水量水圧良し排水良し、無料WiFi(普通)、無料朝食(スカスカのパン、コーヒー)、バスターミナルから一番近い安宿、スーパーも徒歩4分くらいで便利、共同キッチン(レンジ、コンロ、冷蔵庫)

f:id:hourou_world:20140130153409j:plain

↑ホステルの外観。

f:id:hourou_world:20140130153805j:plain

↑ドミトリーの内部。天井が高い。

f:id:hourou_world:20140130153821j:plain

↑宿の廊下。

f:id:hourou_world:20140130161734j:plain

↑シャワーとトイレ。

f:id:hourou_world:20140130161817j:plain

↑キッチン。

f:id:hourou_world:20140131075737j:plain

↑宿の朝食。良さそうに見えるが、見かけだけでパンが美味しくない。 

 

チェックインし、散策に出かける。

f:id:hourou_world:20140130163025j:plain

↑特に目につくものがない。

f:id:hourou_world:20140130163317j:plain

↑中央公園の周りは何もなかった。

f:id:hourou_world:20140130165911j:plain

↑屋台。


夕飯にロミトと呼ばれる大きめのサンドイッチを食べる、30ペソ。

チーズ、ハム、牛ステーキが入っている。

信じられない合わせ技を持ったサンドイッチだ。

大ボリュームで嬉しい大きさだが、400円もする。

f:id:hourou_world:20140130171515j:plain

↑写真の色が悪いが、とても大きく美味しいそうな外見をしている。実際、美味しい。

 

なんと、カルフールを発見する。宿にも近い。ヨーロッパ以来、お世話になっていなかったが、久しぶりに何か買い物をしようと入る。

f:id:hourou_world:20140130174013j:plain

↑カルフールの看板が右側に見える。

f:id:hourou_world:20140130174430j:plain

↑現代文明の感じがした。

 

欲しいものがなく、りんごジュースを無理やり買う、11ペソ。

 

宿に帰り、シャワーを浴びて寝る。

 

サン・サルバドール・デ・フフイ周辺情報 2014年1月時点


より大きな地図で アルゼンチン:サン・サルバドール・デ・フフイ 2014年1月時点 を表示


髭脱毛の効果検証サイト。体験談を元に悩みの解決・改善。旅行情報も掲載しています。