ヒゲ脱毛体験!男は「豆腐ハードボイルド」

メディオスターとアレキサンドライトレーザーで痛くない髭脱毛を体験!脱毛効果があるヒゲ脱毛を解説中!おすすめの人気クリニックを徹底検証

アトピー・アレルギー敏感肌も髭脱毛できる!医療脱毛なら肌診断で安心!

f:id:hourou_world:20180404161154j:plain

国民の7%から15%が患っているとされるアトピー性皮膚炎。アレルギーに至っては、国民の2人に1人が持っているいう調査結果があります。

もしかすると、この記事を読むあなたも、アトピーまたは皮膚アレルギーを持っているけれど、髭脱毛をしたいと思っているのかもしれません。

そこで今回は、アトピーや皮膚アレルギーでも髭脱毛できるのか?不安だと思います。

また、どんなリスクがあるのかをあなたにお伝えします。

リスクがわかれば対処もできます。髭脱毛を安心して進めてください。

アトピー、アレルギー敏感肌でも髭脱毛はできる

f:id:hourou_world:20180328180727j:plain

複数の脱毛クリニックに確認しましたが、アトピーやアレルギー敏感肌でも髭脱毛は可能という回答でした。

その理由を説明します。レーザーによる髭脱毛は、レーザーを照射して髭の毛根にダメージを与えるアプローチです。

レーザーを髭のメラニン色素に反応させて発生する熱で、毛根を破壊して髭の成長を止めます。

つまり、レーザー脱毛は、何かを肌に接触させる施術ではないので、アトピー肌やアレルギー敏感肌にも大きな負担が掛からないというわけです。

ただし注意点が2つあります。

1つ目の注意点:敏感肌はニードル脱毛を避けたほうが良い

1つ目は、アトピーや敏感肌の方はニードル脱毛は避けたほうが良いということ。ニードル脱毛は針を肌(毛穴)に刺して、針の先端から電気を通して毛根を破壊します。

脱毛効果は高いですが、針が肌に触れるのでアトピー肌やアレルギー敏感肌を悪化させるリスクがあります。

2つ目の注意点:顔に色素沈着があるときは脱毛が大丈夫か肌診断をする

2つ目は、顔に色素沈着がある場合です。レーザー脱毛は、黒色(メラニン色素)にレーザーを反応させます。

アトピーで顔に色素沈着があると、レーザーが反応して火傷(やけど)を起こすリスクがあります。

色素沈着でやっぱり無理と諦めるのは早いかもしれません。

後ほど詳しくお伝えしますが、医療脱毛なら、施術前に医師がカウンセリングとテストをするので、リスクはきちんと回避できます。

アトピーや敏感肌にはひげ剃りの皮膚負担が大きい

f:id:hourou_world:20180328180740j:plain

アトピー肌やアレルギー敏感肌の方こそ、髭脱毛のメリットがあります。なぜなら、毎日のひげ剃りによる皮膚への負担が減らせるからです。 

T字カミソリや電気シェーバーは、カミソリを肌に当てます。すると、肌を保護する角質をはがしたり、傷つけたりしてしまいます。

角質をはがすと保湿機能が失われて肌が乾燥し、アトピーや肌のヒリヒリ感を悪化させるリスクがあります。

しかし、髭脱毛をすれば、ひげ剃りの回数は激減します。一般的に6回から12回の施術をすれば、毎日の髭剃りをする必要が無くなります。

すると角質を剥すことなく保湿機能が守られて、アトピーや敏感肌の改善に良い影響を与えるというわけです。

レーザーは毛根にダメージを与えるので肌の悪化はしない

冒頭で触れたように、レーザー脱毛は肌への負担を抑えて髭を取り除けます。 

レーザーが髭のメラニン色素に反応した熱で毛根にダメージを与え、肌に触れることなく髭脱毛できるからです。

しかし、ノーリスクではありません。レーザーが反応した熱が肌に伝わって肌に赤みや火照りが出たりします。

火照るとかゆみが出るので、アトピー肌の方はかいてしまわないように注意が必要です。

でも寝ているときは、無意識に肌をかいてしまう心配もありますよね?

そこで重要になるのが、レーザー脱毛後の処置。レーザーを当てた肌を冷却剤で冷やすことでかゆみを抑えます。

アレキサンドライトレーザーを当てたあとの冷却材

アレキサンドライトレーザーを当てたあとは、こんな冷却材で冷やします。

クリニックなら保湿用の軟膏を処方してくれます。冷却と保湿でしっかりケアをすれば、赤みは施術後6時間~12時間でおさまります。

また、赤みや火照りを鎮めるために、施術後24時間は湯船に浸からず、サッとシャワーだけにしてください。

医療脱毛なら診断するのでアトピーや敏感肌でも安心

f:id:hourou_world:20180328180840j:plain

レーザー脱毛は過度に心配する必要はありません。なぜなら、医療脱毛には医師による施術前の肌診断があるからです。 

医師免許を持ったスタッフとカウンセリングを行い、テスト照射でレーザーの影響があるかどうかを確認します。

テスト照射では、顔に過剰な熱が溜まらないか?過剰に赤みが出ないか?などの安全性を確認します。

そして問題がないと医師が判断してから本番の施術に入ります。医療脱毛ならこうした安全性を確認してから施術ができるので安心です。

また、万が一トラブルが起こった場合も、病院内なので迅速な処置ができるのも医療脱毛のメリットです。

ところが、エステ脱毛の場合は医師がいません。つまりトラブル発生時に処置ができないのです。

もし、あなたが安全安心の髭脱毛をしたいのなら、脱毛クリニックでの医療脱毛を強くおすすめします。

アトピー、アレルギー敏感肌の髭脱毛まとめ

アトピー、アレルギー敏感肌の髭脱毛は問題なく施術できます。ただし、注意点あったので下記にまとめます。

  1. ニードル脱毛ではなくレーザー脱毛を選択すること
  2. レーザー脱毛は医療脱毛が安全安心
  3. 施術後は冷やして保湿ケアすること

こうした点に注意すれば、髭脱毛はあなたにとって多くのメリットがあります。もちろん青髭を解消してスッキリとした肌になることも。

大手の脱毛クリニックでは無料で診断もできるので、まずは相談をしてみるのもよいですね。

hitoritabi.hatenablog.com


髭脱毛の効果を検証して解説!体験談を元に悩みの解決・改善!