ヒゲ脱毛体験!男は「豆腐ハードボイルド」

メディオスターで痛くない髭脱毛を体験!脱毛効果があるヒゲ脱毛を解説中!おすすめの人気クリニックを徹底検証

青髭対策の決定版!原因と5つの解決策を徹底解説!

f:id:hourou_world:20171006230958j:plain

多くの女性がネガティブな印象を持つ青髭に悩んでいる男性は多いのではないでしょうか? 

でも、青髭に悩む人はたくさんいます。

芸能人も青髭が多く、これから紹介する青髭対策を施してテレビや雑誌に出ているんです。

青髭の原因と解決策について徹底的に解説します。 

青髭の原因について

青髭になる理由は、皮膚から髭の色が透けて見えるためです。

髭は体毛の中で、最も太い部類の体毛で、他の部分の体毛よりも硬く、密度も高いのが特徴です。 

髭は、肌の下4mmほどの深いところに埋まっており、シェービングでは表面だけを除去するので、髭は肌の下に残ってしまいます。

f:id:hourou_world:20171007011351j:plain

髭は根元に行くほど太くなり、シェービングでカットされると太い断面となります。

さらに顔の皮膚は他の皮膚よりも薄く、太く密集している髭の色を覆い隠すことができないため、髭が透けてしまい青く見えてしまっています。

特に、肌の色が白い方、髭が太い方が青髭が目立ってしまい悩みまれていると思います。

青髭の5つの対策

青髭には5つの対策があります。
髭を少なくする対策が2つと、髭を目立たなくする対策が2つあります。そして最後は、髭を永久脱毛する対策です。

それぞれの青髭対策を解説していきます。 

男性ホルモンを抑えて青髭対策

最も青髭の対策効果が持続するのが男性ホルモンを抑える方法で、髭を少なくするアプローチです。

男性ホルモンで代表的なのが、テストステロンとよばれるホルモンです。

テストステロンが、毛乳頭細胞の5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつき、ジヒドテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。

DHTはレセプターとよばれる受容体と結びついて、髭の成長因子を発生させ、毛母細胞が分裂を繰り返すことで髭は成長していきます。

つまり、テストステロンの分泌を抑えると、髭の成長を抑えることができるということですね!

f:id:hourou_world:20171006231021j:plain

テストステロンは筋肉や骨の成長や生殖器の発達などにとって必要なホルモンですが、食生活の乱れが過剰な分泌を促してしまいます。

テストステロンの分泌を抑制する栄養素と食品は、以下のようなものがあります。

  • 亜鉛(牡蠣、小麦胚芽、豚レバー、煮干しなど)
  • ビタミンB6(マグロ、カツオ、大豆など)
  • ビタミンC(赤ピーマン、アセロラ、ゆずなど)
  • イソフラボン(大豆、豆腐、納豆など)

亜鉛はストレスによっても消費されてしまうため、ストレスを緩和するような工夫をしながら過ごすことも大切です。

ビタミンB6やビタミンCは亜鉛の吸収効率を良くするはたらきがあり、亜鉛と一緒に摂取しておきたい栄養素です。

イソフラボンを多く含む大豆は、5αリダクターゼのはたらきを阻害しテストステロンがジヒドテストステロン(DHT)に変化するのを防いでくれます。

これらの食品を摂ることで、比較的にコストをかけず青髭対策ができます。
しかし、時間がかかるため青髭に見えなくなる効果を実感しにくいというデメリットもあります。

抑毛ローションで青髭対策

f:id:hourou_world:20171006231032j:plain

抑毛ローションとは、髭や毛の成長を抑制するためのローションです。

髭の成長を抑えると聞くと体に悪い影響のある強い薬剤をイメージしますが、イソフラボンなどの植物成分を配合した化粧水やローションです。

除毛や脱毛クリームのように毛を一時的に除去するのではなく、徐々に髭を細くしていきながら、生えるスピードを遅くするのが目的です。

抑毛ローションのメリットは、肌に優しく、髭を細くして目立たなくできることです。
また、化粧水と同じような保湿のはたらきもあり、シェービング後のスキンケアが同時にできることです。

保湿をして肌にうるおいがあると、レーザー髭脱毛の効果も高まります!

デメリットは、すぐに効果が現れないため使い続ける必要があるということです。
髭の脱毛をするわけではないため、完全に髭をなくすことができません。

スキンケアを行いながら髭を細くして青髭を目立たなくさせることができるので、根気強く使っていただきたい青髭対策アイテムです。

コンシーラーで隠して青髭対策

f:id:hourou_world:20171006231047j:plain

コンシーラーは、青髭部分に塗布することで青髭を目立たなくするメイクアイテムで、芸能人のメイクでもコンシーラーを使って青髭をカバーしている方は多くいます。

青髭だけでなく、目の下のクマ、肌のシミ、そばかすなどもカバーできるので、美肌に魅せることもできるアイテムです。

コンシーラーのメリットは、女性のメイクと同じ感覚で手軽に髭を目立たなくさせることができること。青髭以外の肌もキレイに魅せることができること。脱毛などのケアに比べて低コスト(5,000円程度)であることです。

デメリットは、自分の肌の色に合う色のコンシーラーを見つける必要があることです。
肌の色に合わないコンシーラーを使うと、コンシーラーを塗布した部分が目立ち、違和感が出ます。

メイクに慣れない男性は、コンシーラーを違和感なく肌に馴染ませるコツをつかむまでに時間がかかってしまいます。

また、青髭を隠すことはできますが、青髭そのものを解消できません。

テストステロン(男性ホルモン)の抑制や抑毛ローションで髭の成長を抑えながら、コンシーラーでカバーするという使い方がおすすめです。

日焼けをして青髭対策

f:id:hourou_world:20171007010056j:plain

白い肌は髭が透けやすいため、日焼けをして肌を小麦色にすると青髭が目立たなくなります。

適度に日焼けをしている男性は健康的にも見えるので、一挙両得の青髭対策と言えるかもしれません。

日焼けをするデメリットは、肌への負担が大きいこと。早朝出かけて帰宅が深夜になる方などは日光を浴びることができないこと。青髭そのものは解消しないということです。

日光に比べて肌への負担が少なく、ムラなく日焼けができるタンニングマシンを活用する方法が負担を少なくできてオススメです。

脱毛クリニックで青髭対策

青髭を完全に解消するためには、脱毛クリニックで髭の脱毛をする必要があります。
エステサロンで行う光脱毛がありますが、脱毛効果が弱く青髭を解消するまでには至りません。

その理由は、エステサロンで行う光脱毛も髭の成長を遅らせる抑毛だからです。エステサロンでの脱毛は医師免許が必要ないため、脱毛機器から照射する光の出力は制限が設けられ、クリニックでの脱毛よりも脱毛効果が弱いのです。

青髭を完全に解消したいと考えるのであれば、脱毛クリニックでの脱毛しかありません。

クリニックでの脱毛のメリットは、青髭を完全に解消できること。デメリットは、他の方法に比べて費用が高いこと。脱毛の痛みがあることです。

絶対に青髭を解消したい方は、脱毛クリニックでの脱毛が最善の方法だと言えます。

青髭対策のまとめ

青髭の原因と5つの対策を解説してきましたが、それぞれの対策にはメリットとデメリットがあります。

青髭対策 メリットとデメリット
男性ホルモンを抑えて青髭対策 メリット:比較的にコストをかけず対策ができる
デメリット:時間がかかるためすぐに効果を実感しにくい
抑毛ローションで青髭対策 メリット:スキンケアもしながら青髭対策ができる
デメリット:完全に髭をなくすことができず、使い続ける必要がある
コンシーラーで隠して青髭対策 メリット:青髭を隠しながら肌もキレイに魅せることができる
デメリット:青髭を解消することはできない
日焼けによる青髭対策 メリット:青髭を目立たなくし、健康的な肌に見せることができる
デメリット:青髭を解消することはできない
脱毛クリニックで青髭対策 メリット:青髭を完全に解消できる
デメリット:脱毛のコストが高い

解説した中で青髭を完全に解消できるのは脱毛クリニックでの髭脱毛だけです。

施術のコストは掛かりますが、脱毛が完了すれば青髭のケアをする必要はなく、時間も手間もお金も掛ける必要はなくなります。

私も過去に抑毛ローションを試したことがありますが、抑毛していても結局ヒゲが生えてきてしまうため、医療脱毛を試すことにしたという経緯があります。

青髭対策で、自分にあった解決策を試してみてください。


髭脱毛の効果を検証!体験談を元に悩みの解決・改善!