ヒゲ脱毛体験!男は「豆腐ハードボイルド」

メディオスターで痛くない髭脱毛を体験!脱毛効果があるヒゲ脱毛を解説中!おすすめの人気クリニックを徹底検証

髭脱毛の回数は5回?10回?濃さや部位、レーザーで回数が変わる!

f:id:hourou_world:20171102152415j:plain

髭脱毛を検討している人が抱く疑問の中でよくあるのが「髭脱毛が終わるまでの回数を知りたい」ということです。

マラソンでもゴールが見えないときよりも、見えたときのほうがモチベーションは上がりますよね!?

髭脱毛もマラソンと同じで、終わるまでの回数を把握しておくことでやる気も出てくるというものです。

今回は、髭の濃さ・部位・レーザーによる髭脱毛の回数の違いを徹底的に解説します。

初めは、1回で根こそぎ脱毛できて終わると思っていました。。

髭脱毛の回数は個人差が大きい

f:id:hourou_world:20171102152426j:plain

「髭脱毛が終わるまでの回数を教えてください」とクリニックに問い合わせたり、Q&Aを調べたりしても「個人差があります」という回答が返ってきます。

では「個人差」とは何なのでしょうか?

レーザー脱毛の施術回数に影響する個人差には以下の3つがあります。

 ・施術するレーザー選びで脱毛回数は変わる

 ・毛量と密度で脱毛回数は変わる

 ・永久脱毛か薄くしたいだけかで脱毛回数は変わる

これらの条件によって髭脱毛の回数が変わるのですから、問い合わせるだけではクリニックが「個人差があります」としか答えられないのも頷けますね。

施術するレーザー選びで脱毛回数は変わる

f:id:hourou_world:20171102152622j:plain

ひとつめの個人差のレーザー選びについて。医療レーザーと言ってもいくつかの種類があります。複数の異なるレーザーを照射する機器を導入しているクリニックもたくさんあり、ゴリラクリニックやメンズリゼは複数のレーザーが置いてあります。

レーザーの種類は大きく分けると4つあって、それぞれに特徴があります。

1.ダイオードレーザー

高い脱毛効果があって、濃い髭だけでなく細いうぶ毛まで脱毛できるレーザーです。

レーザーによる髭脱毛は痛みが強いと言われますが、ダイオードレーザーは比較的痛みが少ないレーザーなんです。

ダイオードレーザーを使った代表的な脱毛機器は、ライトシェアデザイアやソプラノといったものがあります。

2.メディオスター

他のレーザーが毛根のメラニン色素に反応するのに対して、メディオスターはバルジとよばれる発毛因子に反応します。毛周期に関係なく髭脱毛ができて脱毛漏れが少ないのが特徴です。

蓄熱式で痛みが少ないというメリットもありますが、髭はゆっくりと薄くなるため効果を感じにくいことがあります。

メディオスターの代表的な脱毛機器は、メディオスターNextとメディオスターNextProがあります。

3.アレキサンドライトレーザー

髭脱毛では実績が長いレーザーの種類です。毛根のメラニン色素に強く作用する波長なので、濃い髭に対して高い脱毛効果を発揮します。

その反面で、うぶ毛など細い毛に対する脱毛効果はダイオードレーザーよりも弱く、痛みが強いというデメリットもあります。

アレキサンドライトレーザーの代表的な脱毛機器は、ジェントルレーズとアポジーエリートがあります。

4.ヤグレーザー

ヤグレーザーも実績が長いレーザーです。メラニン色素への反応がやさしくて日焼けした肌でも脱毛できます。

その反面で、他のレーザーに比べると脱毛効果がやや劣るというデメリットもあります。代表的な脱毛機器は、ジェントルヤグとクールグライドがあります。

 

これらのレーザをまとめると、毛根が浅かったり、産毛にはダイオードレーザーやメディオスターが向いています。太い髭には不向きなので、回数が多くなる傾向になります。

毛根が深く太い毛には、レーザーが肌の奥まで届く、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーが使われます。太い毛をよく脱毛できるので、回数は少なくなる傾向にあります。

髭といっても、太かったり細かったり、産毛だったりといろんな種類の毛が生えています。それらに合わせて、レーザーを使い分けるのが、一番回数を少なくする方法です。

毛量と密度で脱毛回数は変わる

f:id:hourou_world:20171102152458j:plain

次の髭脱毛回数に影響する個人差が、髭の「毛量と密度」です。 

髭脱毛はレーザーで髭の発毛因子を破壊するので、一度にたくさんの発毛因子を破壊すると火傷(ヤケド)をする危険性があります。

そのため髭の量や密度の濃い部分を脱毛するときは、レーザーの出力を落して照射するので、髭が薄い部分よりも脱毛効果は低くなります。

特に「鼻の下」と「唇の下」の髭は密度が濃いので、他の部分よりも脱毛効果が低くなる傾向があります。

ただし、髭脱毛を繰り返すことで髭は薄くなって、回数を重ねれば出力を上げてレーザー照射をできるので脱毛効果も徐々に高くなっていきます。

永久脱毛か薄くしたいだけかで脱毛回数は変わる

最後の個人差は、「永久脱毛か、髭を薄くしたいだけか」という要望が回数に影響します。

永久脱毛ですっきりツルツルの肌になりたい場合は、必然的に脱毛する回数が増えます!

永久脱毛まではしたくないが髭を薄くしたい人や青髭をなくしたい人、かっこよく髭を残してデザインしたい人は脱毛する回数は少なくて済み、およそ5回も受ければ満足な薄さになります。

脱毛効果は5回目で実感

f:id:hourou_world:20171102152510j:plain

髭脱毛が終わるまでの脱毛回数は個人差があるのですが、脱毛の実感を得られる回数にあまり差はなくて、平均的には5回目の脱毛で効果を実感できます。

髭脱毛1回目では、施術後7日ほどで髭がポロポロと抜け落ちてますが、ふたたび生えてきます。

髭脱毛2回から3回目では、「髭剃りがラク!」という感覚を得られます。

そして、少し濃い髭の人や青みが強い人は10回程度、平均的な濃さの髭なら髭脱毛5回から6回目になると「薄くなっている」ことが目に見えて実感できます。

写真に撮ってみると薄くなっていることがよくわかります。

f:id:hourou_world:20171102153230j:plain

髭が回数によって薄くなる経過

濃い髭のときは明るい場所で撮った写真は嫌になるくらい髭の濃さが目立ちます。

しかし、脱毛後は思わずSNSのプロフィール画像を変えてしまうほどに、スッキリとした肌になっている自分が写っているはずです。

永久脱毛までの平均回数

f:id:hourou_world:20171102152612j:plain

永久脱毛を終えるまでには1年から2年の期間が必要だと言われています。その理由は髭の成長期間にあります。

髭の成長には毛周期とよばれるサイクルがあって、成長期・退行期・休止期の3つの期間に分かれています。

レーザー脱毛は成長期にあたる髭に対して効果を発揮するのですが、成長期が訪れるまでには平均で8週から12週(2ヶ月から3ヶ月)の時間がかかります。

髭ごとに毛周期のタイミングがずれているので、全ての髭にレーザーを照射するためには、1年から2年の期間が必要になります。

髭が濃い人の目安の回数は、2年間の期間で15回~20回が一般的です。

もしあなたが完全にツルツルの肌を目指してきっちりとひげの脱毛をしたいなら15回~20回の脱毛回数をおすすめします。

髭が薄い人なら、10回で永久脱毛ができます。

髭脱毛の回数まとめ

レーザーによる髭脱毛の回数について解説をしてきました。

髭の脱毛回数には個人差があり、完全に脱毛を終えるまでには、レーザーの種類、髭の量、求める髭脱毛の程度によって脱毛回数が異なってきます。

髭脱毛を5回程度行えば脱毛実感を得られるので、回数を重ねるたびに間違いなく髭脱毛へのモチベーションが高まります。

モチベーションが高くなり過ぎて、施術の最終日は「これで終わりなのか」と少しセンチメンタルな気持ちになるかもしれません。

最初は髭を少し薄くするくらいで良いと思っていても、もっときっちりと完全に髭を脱毛をしたくなる人もいます。

そんなときは15回~20回を目安に脱毛をすれば永久脱毛ができるので、髭の状態を確認しながら回数を増やしていくのがおすすめです。


髭脱毛の効果を検証!体験談を元に悩みの解決・改善!